Top
Harry Potter and the Deathly Hallows Part 1
昨日漸く観て来ました。
急に午後から空いたので迷いなく隣の県まで突っ走って行きましたことよ。
上映2分前に到着!アドレナリンを無駄に放出してしまいました。

軽く感想を。ホントにかる〜く。(‥‥と一応言ってはみるけど)


d0166451_0491386.jpg

押入にあった私的お宝。何年前やねん。
本屋でこの表紙を見てクラ〜ッとなったあの日‥‥(爆)






もう重箱の隅を突つくようなことは言うまい。(ってか言えない)
再読して行かなかったのでスカスカに忘れておりましたが、観てるうちに「ああそうだった」になり、更には「あ、ここ観たことがある」と何度もデジャヴのような感覚にとらわれました。
今回は予告編もテレビで観たのみのまっさら状態。
でも私は、本を読んでいる時に同時進行で映画みたいに映像も展開するので、それが実際の雰囲気とよく似てた部分があったってことなのでしょう。


全体として思ったのは「とてもダークで話にアップダウンがあまりないのに、緊張感がすごくあった」ということですかね。
要は、とても良くできてるって思ったのですわ。
お友達の「今までで一番良かった」「やっぱりハリーポッターだった」という言葉は目にしたので、それなりの期待は持ってたんですけど‥‥裏切られることはなかったです。

三人の心理状態がよく表れててねー、セリフがなくても表情だけでお芝居できるようになったんだね(TT)って親心出ちゃった。
やっぱり前編後編に分かれているせいか、どんどん先へ行ってしまう感が殆どなくて。
心のやり取りに入り込めるほど丁寧に描かれてたのかな、と思いました。


こうやって打ってると色々思い出しちゃって切りがないけど、ストーリーとは関係ない、特に頭に残ったシーンを箇条書き。

・ハーマイオニーの両親に対するオブリビエイトですでに涙腺が決壊
・ポリジュースを飲んでハリーに変わる途中のハーマイオニーの眉毛
・ハリーの、ハリーの‥‥ハリーらしからぬハダカ(涙)
・ナギニが生々しくてうちの旦那は絶対観られない
・クリーチャーも生々し過ぎる
・森やあちこちを彷徨うシーンは全体を通してよかった
・孤立感を強めるロン
・ロンの妄想に出て来るハリーとハーマイオニーが金粉ショーっぽかった(爆)
・ポリジュースで魔法省に入り込む3人にウケた(上手い!)
・ルーナの父がいやに若くてイケてる
・ベラトリックスに拷問されるハーマイオニーの悲鳴
・あまりに弱々しいマルフォイ 可哀想でならない
・今更だけど「何故ロンとハーマイオニーなのか」ではなく「何故ハリーはジニーなのか」わからんわ!
・ああ、ここでPart2に繋ぐのか〜
などなど‥‥ふざけた覚え書きですみません。


話を知ってるだけに、今回の描写がよかっただけに、後半は息が出来ないような激しさになりそうな気がしますね。
そして最後に脱力させてくれるように出来てるのね‥‥(爆)
出来上がってるんなら7月なんて言ってないで3月くらいにしろ!!と言いたい気分です。

‥‥でも本当にこれで終わっちゃうんだなあ。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2010-12-08 00:49
<< 12/9の日の出 | ページトップ | 10th Anniversary >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin