Top
水玉
今日は昨夜睡魔に負けてアップできなかった日記を。

三連休の最終日、旦那の用事に付き合って名古屋まで行ったのですよ。
少し時間があったので、栄のオアシス21というビルに上ることにしました。
ちょうど今開催中の「あいち トリエンナーレ 2010」(国際芸術祭)に出展している草間彌生の
アートが見たかったので。

d0166451_22103280.jpg

ピンクのぷつぷつが浮ぶ楕円形のところまで行きます。
右端は名古屋テレビ塔。左端の2つのビルはツインタワー。名古屋駅です。






d0166451_2220390.jpg

折角なのでジオラマも撮ってみた。ほんと、オモチャだね!(笑)



草間彌生さんってご存知ですか。
私も全然詳しくないのですが、一度見たら忘れられないインパクトのドット(水玉模様)作品を生み出すアーティストです。
本人のビジュアルも一度見たら忘れられません。(爆)
有名な作品って言ったらこのページで一番最初に出て来る直島の南瓜のオブジェじゃないかなあ。
そういえばちょっと前にF巻のツアーブログでも紹介されてました。
この日の上から3枚目。草間さん長野県出身だものね。


とにかくドットドットドットです。
かわいい〜vって言う水玉とは一線を画します。計算されてるでしょうし。
自分も仕事で大小の柄を散らすことをよくやるけど‥‥難しいんですよ。
見る方向によって似たような大きさが片寄っているように見えてしまうんです。
こっちを直すと別の場所が片寄り、またそこを直すと違う場所が‥‥みたいなね。
気持ち悪くて延々やってることがあります。

まあ私の事はどうでもよくて。作品を見に行きましょうv

d0166451_22124519.jpg

楕円形のところの側まで来ました。下から見るとこんなん。



そして


d0166451_22132131.jpg

ばばーーん。


そう、楕円形の上には常時水が張ってあるのです。キラキラユラユラして綺麗。
ショッキングピンクに黒のドット‥‥
色も形も自然とは対極する異質のものなのに、何故かこの場所に、この景色に馴染むという不思議。
思い込みなのかこのアートの本質なのかよくわかりませんけど。

d0166451_221499.jpg

こんなウミウシがいたら面白いのに。




目的はこのピンクのオブジェだったんですけど、ここへ来るまでの間にもう一つ草間作品を見ることができました。
フフフ。すっごいよ〜?


d0166451_2215268.jpg

どん! Kusama's Polka dot 「草間の水玉プリウス」


d0166451_22153220.jpg

こっちは試乗できるようでした。
赤ベースに黄緑のドットという補色の猛烈カーは出払ってました。



和むアートもいいですが、自分の世界にはあり得ない、ガツンと来るこういう作品もいいものですね。
なんだか気分的に充実した休日でした。




ちょっとおまけ。
かなり前(秋分の日頃)になりますが、あいちトリエンナーレの出展作品で、35キロくらい離れた我が家から鑑賞できたものがありました。
テレビで、じゃないよ。肉眼で。
ちょっと見づらいですけど‥‥
d0166451_22171159.jpg

光と音のアート「スペクトラナゴヤ」@名古屋城二の丸広場


二日間に渡ってオールナイトで展示されたこの作品。
音は勿論聴こえなかったけど、成層圏まで届くというサーチライトはうっすら見えました。
我が家から見たらあの方向に名古屋城があるのね、ってしみじみしてましたの。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2010-10-12 22:23 | 日常雑記
<< チチチ!リリリ! | ページトップ | にょきにょき >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin