Top
初対面
今朝はとても清々しい空気に包まれました。
あ〜、秋が来るな〜と確信させてくれる涼しさ。
空も高く、澄んだ青の中に繊細な雲が漂っていました。

d0166451_035256.jpg

接岸し始めた流氷みたいな雲。
何か名前が付いてるんじゃないかなあ。




レミオのツアーも今月頭から後半が始まり、F巻ブログも再開しました。
今は北海道を回ってるから画像も自然がいっぱい、F巻目線のアングルが楽しめます。
相変わらず人柄が伝わる、いいブログ。
そんなF巻、帯広の公園でリスに遭遇してビックリしてましたが‥‥
私も今日、自分のウォーキングコースで初対面の生き物と遭遇しました。
やっぱりビックリしました。





d0166451_0353593.jpg

この池におりました。真ん中の物体がそうです。



池の縁を歩いてたらカワセミが飛んだので目で追っていると、左目の端で何かがスルンと池に入るのが見えたんですよ。
ん?と思って目をやると、そこにいたのはこの方。

d0166451_036162.jpg

!!!‥‥‥び、びいばあ???



一瞬そう思ってしまいました。すぐ「おるわけないやん」って自分にツッコミましたが。
大きさは40センチくらいかな。(50センチはなかったような)

警戒してるらしくずっと泳いでおりましたが、岸に上がって毛繕いを初めたら‥‥
そのしぐさがハムスターそっくり!モロねずみ!

d0166451_0363670.jpg




もしかしてこれが西日本に分布してるというヌートリア?

とにかく見たことがなかったのでカピバラと区別が付いてなかったけど、カピバラよりうんと小さい。
帰化動物ですよ、これ。
いるんやねえ。こんなとこにも。


調べてみたらやっぱり間違いはないみたい。
西日本に分布してるようで、我が県はその東の端っこでした。
今いるのは、第二次世界大戦中の防寒用の軍服のために毛皮用として飼育されていたものの末裔のようです。
戦争が終わって必要とされなくなったものが生き残って野生化して繁殖したんやね。
そう思うと戦争も今に繋がってるわけですね。

きっとこの子も駆除の対象なんでしょうね。
パッと見、とても穏やかそうでのんびりしてる生き物のように思えたんですが‥‥。
まあネズミだからあれこれ齧りまくるのは容易に想像がつきます。
‥‥元はと言えば人間が勝手に持込んだのにね。

d0166451_038858.jpg

[PR]
Top▲| by guri-iki | 2010-09-10 00:39 | 生きものばんざい | Comments(4)
Commented by garden-cat at 2010-09-10 01:05
おおっ!すごい。ヌートリアですか。
西日本に分布しているんですね。
顔はカピバラそっくり!!
仕草も可愛いですね^^
でも、外来種かぁ~。何かいい方法があればいいんですけどね。。。本来の生息地じゃない環境でたくましく生きている姿には感動すら覚えるのですが(-_-)
Commented by guri-iki at 2010-09-10 09:58
こんなんを近所で見るとは思いませんでしたよ!
カメラにブレた画像が沢山残ってて、どんだけテンション上げてたか解りました(笑)
そう!カピバラのミニチュアみたい。
大きさはビーバーとかカワウソとかカモノハシ(見たことないけど多分)とかそんな感じ。
草食だそうですけど、環境に適応するためには進化して行くのかも知れませんね。
そうなった時に在来種の魚とか食べちゃうと確実に駆除の対象になっちゃうんだろうなあ。
基本水辺暮しのようだし、アライグマのように行動範囲が広くて文化財まで齧っちゃうっていうタイプじゃないみたいですけどね。
ホント、彼らは今ある環境を生きてるだけなんですけどね。

Commented by mic9999 at 2010-09-11 10:29
ぐりこさん、毎日公園に見に行かないと。観察続けてくださいな。
Commented by guri-iki at 2010-09-11 22:13
みくさん、ここ、お寺なんですよ。お寺の池にいたの!
昨日も歩きに行ったけどいなかったわあ。
ここ二年くらいよく歩いてるんですけど、遭遇したの初めてでしたから。
すぐ脇を川が流れているので、本当の住処はそっちかもしれません。
<< ケイトウ | ページトップ | 台風一過の茜空 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin