Top
傘の内側
日が暮れる直前、北西の空に黒いかなとこ雲がどんどん育っていました。
こっちの方角でかなとこ雲を見る機会はあまりないかも。
そのせいか夕陽の反射がいつもと違う感じで、なんだか「貴重なもの」を見た気になりました。


d0166451_23422881.jpg

キノコの傘の内側みたい。
このスケール。なかなかの迫力。



d0166451_23433372.jpg

立体的だなあ〜。カラスもどんどん帰って来ます。





明日は5時過ぎ起き。ああ、もう寝なくては。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2010-08-24 23:44 | | Comments(6)
Commented by mic9999 at 2010-08-25 14:28
こんにちは。私のブログの空も、かなとこ雲でしょうか?判定お願いします。


閉所恐怖症の方、私の知人にもいらっしゃいます。
地下鉄に乗れないんです。都会では、地下鉄移動が多いので、地下鉄に乗れないのはかなり大変だと思うのですが。最近では、地下鉄に乗っている間は、ずっと旦那さんとチャット状態のメールをして、気分を落ちつけているんだそうです。(やさしい旦那さん、涙が出そうです)
人それぞれ・・弱点はあるのだなぁと改めて思いました。ご主人様は、閉所恐怖症と、メモメモ。
Commented by guri-iki at 2010-08-25 22:29
こんばんは。
見させていただきましたよ〜、茜空の芸術的な雲!
夕陽と雲の形が奇跡的な光芒を作ってますねえ。
「あ!天国の門!」って思ってしまいました。
で、かなとこ雲かどうかということなんですが。
うーん、画像ではちょっと遠いので実際のスケールが解らないのですが‥‥
かなとこ雲は積乱雲なのですよ。なので、下に見えてる二本の雲
の更に下にも立派な本体があれば「二本の積乱雲がかなとこになってくっついた」と言えるのかな??と思いました。
下になかったら偶然できた形ということになりますかね。
それにしてもあ〜、見たかったですわあ〜。すごかったのが容易に想像できますもの。

話は変わりますが‥‥地下鉄、ですか。
閉所恐怖症の「閉所」は人によって本当に様々ですね。
実際の話を聞くとご苦労がありますね。割とみんな簡単に「閉所恐怖症」「高所恐怖症」を口にしますけど。
世界全体で「恐怖症」のトップは何だと思われます?

実は「蜘蛛」なんですって。
ちょっと意外だったけど、我が家の息子もそうでした(笑)
Commented by mic9999 at 2010-08-26 06:32
おはようございます!判定ありがとうございます。下は建物の影に隠れて見えなかったのですよ。それは不思議な形をしていましたが・・・天国の門ですか!!
う~ん、うまい!あんな光に包まれたら、天国に行けるでしょうかね。

さて・・閉所恐怖症の話の続き。
亡くなった祖母も、MRIがだめで・・・認知症が入ってきていたころに、MRI検査をする段になって・・大暴れしたそうです。できませんでした。そういえば祖母は、地震のたびに、恐ろしくて、外に飛び出す習性がありました。今思えば閉じ込められる恐怖感だったのかもしれませんね。
「蜘蛛」は、娘も大の苦手です。
うちにもたびたび出没しますが、
「このサイズ、もう無理~ママ~助けて~」と泣きそうな顔をして言ってきたのを見ると、わずか3mmくらいの蜘蛛でした。これが、逃げ足速いんだ。また。
なんでこれでだめなの? 私は、高足蜘蛛?くらいになるとおっかないと思いますが・・まだ大丈夫。
それより、やっぱりごきちゃんですよ。
あ~この前の捕物帳を思い出しました。(笑)
Commented by guri-iki at 2010-08-26 17:15
こんにちは。
いや〜判定はあれで正しいかどうか解らないのでご参考程度に(笑)
天使の梯子も幻想的で美しいですが、みくさんが撮られた写真のような、立ち上るように見える光芒も神々しくてダイナミックですね。なんだかすっごい力がありそうです。

おばあさまの話を伺ってハッ!としました。
うちの旦那も地震が大の苦手でして、反射的に飛び出す傾向にあるのですわー。
誰でも苦手なんだけどさ‥‥反応が異常なの。
火を消さずに情報源のテレビを切ってしまった時はアカンと思いました。(爆)
一瞬でパニック状態になる人だとわかったので、大きな地震が起きた時には私が指揮を取ろう、と密かに思っております。ええ、かなり真剣に。

蜘蛛が恐怖症のトップだったという話、多分娘さんもそうだと思いますが「好き嫌い」のレベルではないんだと思います。
うちのボウズ、鳥肌が立つんですわ。恐いと言うよりたまらなく気持ち悪いんだそうです。
私は虫よりも澱んだ池に鳥肌が立ちます。ボートなんて大嫌いです。

Commented by mic9999 at 2010-08-27 10:25
やはり・・ですか。地震に異常反応というのは、そのケがあるということですね。大きな地震が来ないことを祈っておりますが、万が一の場合は指揮をとると・・・笑
蜘蛛の話は、娘に聞いてみないとわかりませんが、やっぱり、恐怖!!!なんだと思うんですけど。
鳥肌が立つといえば、私はカラスがそうかも。
存在を見ただけで身体が固まってしまいますもん。
ほんと人それぞれですね。
Commented by guri-iki at 2010-08-27 21:51
なんだか研究材料になりそうですね。「恐怖症の関連性とその行動の傾向について」とか。
‥‥自分で言っててよくワカランのですが。
恐怖症と言われるものも、自分が思い込んでいるだけで実際は克服できるものも多いんだろうと思います。
本当の恐怖症はかなり病的な気がします。気を失ってしまうとか‥‥。
きっと「恐い」に理由が付けられないんでしょうね。
「そんなもんくらい!」と言って片付けたらいかんなあって思いますね。
しかし心のある生き物は厄介ですねえ〜。

カラス!以前このブログにもアップしましたが、みくさん、夏の間ここへ来てトレーニングするといいですよ!
家のすぐそばにほぼ毎日たむろってます。何十羽も。
私は完全に慣れました。
<< 立待月 | ページトップ | 閉所恐怖症の人、再び >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin