Top
ハイビスカス先生
d0166451_2126439.jpg

「オレはバッと咲く、色のハッキリした花が好きなんや」

という旦那の強い希望で梅雨に入る頃我が家にやってきたこの花。
私はあんまり趣味じゃない。どっちかというと草花っぽいのが好きなんで。






そんな私の好みが植わっている地味なベランダで、この花はことの外成績が良く、毎朝パカンパカンと咲き続けています。
ものすごく目立つ。明らかに浮いている。
というか他の花が目立たない(爆)
一輪の原色の力は大きいよ。


涼しかった頃は二日間咲いていたんだけど、この暑さの中では一日で閉じてしまいます。
朝の咲きたてにカメラを向けつつまじまじと眺めました。


そういえばこの花はいつも凛と上を向いてるんだねえ、、、


灼熱の太陽で花びらが縮れようと、似合わない曇り空であろうと、はたまた雨であろうと。
咲く日の天気を選べない。それでも一日をパア〜ッと精一杯。
「咲き誇る」というのはまさにこういう事なんだなあ、とあらためて思ってしまいました。


気の合わないヤツのいいところをうっかり見てしまった感じ(笑)
そうなると相手はもう「苦手なヤツ」ではなくなってしまうのよね。
世の中のあらゆるものも人間関係もそんなもんかもしれない。

せっかくの目なんだから、もう少しいいとこを見るために使わなきゃね。
粗探しばっかりしてないで。

なーんてちょっと思わされた朝でした。



----------------------------------------------

明日は旦那が東京出張で朝が早い。今夜は早よ寝んといかん。
お盆になるのに東京へ向かうわけだね。
新幹線どうなんやろ?逆に空いてるんやろうかね。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2010-08-10 21:28 | 植物
<< 休みだー! | ページトップ | 食欲減退の人たち >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin