Top
6/9レミオロメンin岐阜
10th Anniversary TOUR 2010“花鳥風月”の長良川国際会議場公演へ行って来ました。
文章にまとめる力が乏しいので‥‥以下印象に残ったことをダラダラと箇条書きで記録。

d0166451_0301970.jpg

これ以外にも散財したんだけどね。


警告
ネタバレしてます。
これから行く方はこの先読まない方がよろしいですよ。
矢印の下の方から始まります。ご自分の責任でどうぞ。

     ↓

     ↓

     ↓




     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓

     ↓


◎曲・ビジュアル編

・長良川国際会議場は1,700人弱収容のホール。満席。
・前から12列目、前も通路横も通路、遮るもの一切なし!
・6時半を少し回って開演。
・客席もステージも明るくなって始まるライブは初めて。逆にあっけにとられる。
・近いいいいっ!!
・明かりに照らされたステージは思いの外シンプル、、、
 を通り越して質素にさえ見えた(爆)
・いつもの通り始まった途端にボーーーッとなる。
 従って最初の2、3曲はほぼ頭に残ってません。
・あ、でも「世界は一つ〜♪」を「僕らは一つ〜♪」と歌ってたなあ。
・どの曲だったか、オサムさんのスティックがピュンと後ろに飛んでった。
・オサムさん、驚いたような笑い顔。
・季節ごとに入れ代わる曲があると言う今回の長いツアー。
 「傘クラゲ」とか?「蛍」とか?と予想してたけど、「アカシア」でしたな。
・「君は太陽」真っ赤な日の丸。
・「Sakura」のキラキラしたイントロが始まると「わああ〜」という歓声。
 みなさん好きなんやね。
・「海のバラッド」は初めてライブで聞きました。
 CDではあまりに静かな曲だったのでそんなに聞かなかったけど、
 いや〜‥‥聞かせますね。いい曲ですね。
 ほれてまうやろ〜っ!ってこういうのなんやね(爆)
・「大晦日の歌」とても楽しみにしていた曲。最初の鳥肌。
 ステージ上に置かれた電球がノスタルジックな色に灯る。
 静かに熱い生蕎麦は大変、たいへん胸に沁みました。
・「恋の予感から」2度目の鳥肌。もうザザーーーっと。
 前回のZeppでも思ったけど絶対ライブの方が良い。
 この曲はただのバラードじゃないね。化けると言うか‥すごくロックです。
 ゆっくり目な分一音一音に熱がこもってるみたいに。
 とりわけオサムさんのドラムに激しく感動。
・「Tomorrow」から雰囲気一転、「東京」。一番好きで一番聞きたかった曲。
 ステージを挟む2枚のスクリーンと映像だけで作り出す3Dのような都会。
 かっこ良過ぎて、圧倒されて息が詰まってしまった。
・続く「花になる」の頭。何かが乗り移ったようなF巻のシルエット。
 お嬢さん、泣きますよ!失神しますよ!
 オバサンだって心の中で「かっこえええーっ!!」って叫んだでね。
 あれは私が知ってる優しくて和むブログを書いてる人じゃない。
 まー激しい激しい。キレッキレ!
・見せて聞かせる2曲が終わると、会場から「うぉーーーー」という声が。
 この2曲のために次も行きたいと思ったくらい。
・東京→花になる→雨上がり→スタンドバイミー→明日に架かる橋
 この流れはノリノリで発狂できますが、中年にはクラクラ来ます。
 要体力づくり。
・「明日に架かる橋」オサムさんのドラムソロが複雑にパワーアップしてます。
 シメに最後に「ぎっふぅ〜〜〜〜!セーンキュウ〜!」
・「小さな幸せ」の前のF巻のMCはよかったです。
 本当に今の彼らの姿勢なんだなあと思いました。
 今回のライブに一貫して通じていて、明確なコンセプトがあると
 こんなにもいい空気のライブになるのか、胸に響くのかと思いました。
・アンコール「立つんだジョー」
 CMで聞くサビはあんまり好みじゃなくて期待してなかったのだけど‥‥
 裏切られたわああ〜。これは元気が出るノリノリの曲やわ!
 夏フェスでは相当盛り上がるでしょう〜。「明日に架かる橋」風味。
 コーナーに追いつめられたら思い切ってパンチを繰り出そうぜ!
・みんなで歌う「3月9日」、みんなで歌うの、私はそんなにイヤじゃない。
 みんなが歌うのを幸せそうに見渡すメンバーを見るのも幸せです。
・最後は「ありがとう」 
 前田さんが叩く太鼓が「みんなのうた」のあのプリントで可愛らしい。
 暖かい気持ちで終われるライブっていいですねえ。余韻が続きます。
・また11月に行けるなんて心底嬉しいv 楽しみv
 14本目でこんなに良くて、この先どんなふうに進化するんでしょうか。

・公演後のオサムさんバラ巻きコーナー。
 12列目というのはF巻のピックさえ飛んで来るのがわかった。
 目の前で、すぐ横で他人が色々キャッチしてて驚いた。
・斜め前でサイン入りのドラムの叩く部分(なんて言うの?)をキャッチしたJKは
 お母さんと抱き合って放心してた。
 ヨカッタね。一生オサについていくよね(笑)


体力あったら、明日お話編につづく‥‥
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2010-06-11 00:33 | 音楽 | Comments(6)
Commented by 籐四郎 at 2010-06-11 09:11 x
ほっほ~ぅ (#^.^#) これはこれは。
なんだか素敵なライブになってますねぇ。。。

ぐりこさん、おはようさんです。
ぐりこさんの日記に元気を頂きましたよ♪
今日は学校でテスト受けて、税務署行って、テスト受けて、税務署行って参ります。おばちゃんも、負けないジョーッ!!

Commented by guri-iki at 2010-06-11 12:16
籐四郎さん 
大変な時にコメント残して下さってありがとうございます。
テストに向けて山から熱い念を送っておきました。
気分悪くなってたらごめんなさい(爆)

レポートはむずかしいですね。
打ってるうちにあれもこれも思い出して結局まとまらない上に、どこかで誰かが言ってたようなことばかりになっちゃって。
ま、実際に体感するのが一番です!当たり前だけど。
期待していいですよ!
お勉強頑張って、ぱああ〜っと晴れやかな気持ちで行って下さいね。
頑張るんだジョーーーーッ!!!

Commented by mic9999 at 2010-06-11 18:51
朝ね、一度訪問したんだけどね・・
ネタバレを楽しみに・・朝は読まなかったの。
うふふ。一気に読ませていただきました。
中年だって体力ありますでしょ。飛びはねなくちゃ!横も前も通路だったら、踊るスペースいっぱいでしたね。
思わず、目を閉じて、激しくカッコイイ藤巻さんを想像してしまった。

てか、前田さんは存在していなかったかのようですが・・・笑
Commented by guri-iki at 2010-06-12 00:38
こんばんはv
あらま!ネタバレ封印なさってたんですか?それはごめんなさい〜。
でもね、全然大丈夫ですよ。
どんなにネタバレ読んでもそれ以上ですから。本当に。
私のレポートじゃ想像してもし切れないです。
激しくかっこいいF巻さんも、確実に想像以上ですよ!
私もあんなパフォーマンスをするF巻を見たことはありませんでしたから。
むふふふふ〜っ・・・想像力がかき立てられるでしょう〜?

前田さんはいましたよ?(当たり前だのクリケット)
彼は今回は言葉が少なかったですが職人のワザを披露してました。
これでも職人っぽい人好きなんですよ、私。


Commented by mic9999 at 2010-06-13 09:36
レポ第二弾も読ませていただきましたよ~。
楽しみですなぁ。私は、とりあえず、WOWOWの中継を楽しみにしていることにしませう。
Commented by guri-iki at 2010-06-13 17:13
いやー、レポートと言うより個人の覚え書きのようなもんで‥‥
ま、こんな感じにほのぼのとした空気が流れておったってことですわ。
やっぱり地域によって雰囲気って変わるのかなあ?

ああ!そうでした!WOWOW!
11月までどうやって我慢しようかと思ってました。
あれはどこの会場を中継するのかしら?
楽しみですねえ。夏を迎えると思うとげんなりですが、この楽しみだけで乗り越えて行ける気がします。
<< 昨日の続き | ページトップ | 6/9のこと >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin