Top
意気消沈の人
私の旦那は趣味でギターを弾くのですが。
去年、随分長く通っていたエレキギターの教室を辞めたのです。
理由は2つ。
その1‥‥休みの日も電車で通勤と同じ状況を続けるのがしんどくなった。
その2‥‥若い子が入って来て習得の早さに着いて行けなくなった。
ま、仕方がないのですが‥‥。

d0166451_23415661.jpg

今日は雲多めだったけど気持ちの良い空でした。



d0166451_23423097.jpg

夕方には雲が綺麗に染まってました。





それでもギターへの執着が弱くなることはなく。
ほんの数分でも必ずボロンボロンとやる毎日です。

そんな旦那が数日前からチラシを手に「どうするやかな〜」とやたら口にするので、聞いてみたところ、
「隣の市でアコースティックギターの教室が生徒を募集してるから行くかどうか迷っとる」
と言うのです。
「行ってみればええやん!」と奨めました。
迷ってるって事はその気があるということなので。
「行ってみなきゃ良いか悪いかもわからんし!」とガンガン推しました。
(隣で始終弾きまくられてはかなわん!と思っているのは内緒さ)

というわけで昨日、その教室に出掛けて行きました。
体験レッスンってことで。



えっらいテンション低目で戻って来ました。
訳を聞けば‥‥

「ギター持って行ったのに、出すこともなかった。
弾くどころか、60代くらいのオッサンオバサン(自分も十分オッサンやけど)とフォークソングを歌っただけやった‥‥」


大・爆・笑!!!
キャンプファイヤーか!!


いや、笑ったらイカンのやけど、その状況を思い浮かべると笑わずにはいられなくて。
そりゃ気の毒だったねえ。
思い描いてた世界とあまりにもかけ離れてたねえ。
歌うことが大の苦手の旦那には苦痛以外の何ものでもなかったでしょう。


「もう行かん。」

この一言で全てが終わりました。‥‥チャン チャン♪

ま、その気があるんだったらまた次を探すでしょう。
向上心は持ち続けた方がいいに決まってますものね。



今も後ろでレミオの「蛍」を弾いております。
なかなかイケますよ?しんみりしたアコギの「蛍」も。
[PR]
Top▲| by guri-iki | 2010-05-30 23:44 | 日常雑記
<< 5月最後の空とカレーの香り | ページトップ | 同じ空 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin